日々是好日

小さく呟く毎日の暮らし

ブログ

 

このブログのことを彼氏は知ってます。めちゃくちゃ鬱ってるけど、、まあ見てないから大丈夫。私の文章がめちゃくちゃ暗いのは、鬱病の検査の時に見てるから触れないようにしてるのかもしれない。

 

普段困惑するほどに暗いことってないです。病気になってからでさえ、友人に会うと、人に相談する側ではなく慰めたり話を聞く方が多いです。だからギャップにびっくりするんじゃないかな。こんな文章書くの?って。彼氏は検査の紙を見てめちゃくちゃびっくりしてました。その隣で私はにこにこしてるから余計に違和感を感じるのかもしれません。

 

落ち着いているし、よく笑う、と言われます。それは病気になってからもずっとです。不思議だなぁと思う。病院に行っても鬱病は性格のせいではなく仕事のせいだと判断されるし、実際他の鬱病を患った方の身内の人からも柔軟性があるから性格のせいじゃないよね〜。怒ったりするのが想像できない。と言われます。いつも彼氏からは私でも怒ったりするの?とからかわれます。離脱状態の時はイラついてましたが笑笑 不機嫌ってもちょいテンションが低いレベルです。キレたりしないですよ(^^;)

 

彼氏と付き合って怒ったり、感情をぶつけたり泣きわめくことはなく鬱は終わりに向かいそう。親にはあるけど、、それは親からの言葉に追い詰められるからで、父親は本当に人の気持ちがわからないので私だけでなく母や妹も時々父親の言葉でキレて泣きます。だから、異常だと感じることはない。

 

精神的に不安定になるのは基本的に一人の時で、人といると無意識のうちで鬱が消えるんですよね。倒れた以外で精神的に困らせたことはないんじゃないかなって思う。

 

一番困らせているのは、実はこのブログを読んだ人なのかなって思います笑笑  ブログは読む読まない自由だから、そこは自己責任ですよね。選択できるからきっと私はブログに吐き出してしまうんだと思います。読者さんが増えてきたころに自己嫌悪に陥って悩んだけど、今はもういいわって感じで自分全開させてます。全く読者は増えないけど笑 だいたい金儲けでしてないし、趣味でもないただの日記ですし。一年続けるって決めたから、それでだらだら書いてます。

 

一人だけこのブログを友人に教えています。その子は私を勘違いしてるから、私は自由でもないし、眩しい存在でもないし、本当はこういう面だってあるよって言いたかったから教えました。一度その子があまりにネガティヴなんで怒ったことがあります。

 

家族でも、恋人でも、境界線というものがあって、そこを踏み越えて自分を吐き出されたら私だって困惑するしどうしたらいいんだろうと思います。だいたい生活にずっといるわけでもない。話を聞けるだけ聞くよスタンスの人にしか基本的に言ってはならないし、話してもいいかどうか聞いてから話すほうがいいんじゃないかなと。答えのないことは匿名に限ります。昔は私も同じくつい人に暗い話しちゃってて困らせました笑笑 因みに彼女はもう立ち直ってます。暗い話ってめんどくさいです。

 

このブログの自分と、普段の自分は対極にあるなぁと思って書いてみました。ある友人は鬱じゃないけど結構精神的に不安定で色々辛そうなのですが、周りに助けを求められている分では健康的だなーと思います。その子は感受性が豊かで受け取り方や行動が一つ一つ重たいんですよね。情緒不安定すぎて大丈夫か?!となります。

 

私は基本的に軽いです。自分の気持ちは文面にのみ留めます。恋愛でも軽いし、自分にも相手にも軽いです。ぶっちゃけ適当なんです。離れたければ離れれば?好きにすれば?求められれば受け取りますが、求められないなら私は要らないのねって思います。自分から求めることはないです。相手が欲しがってるときにそれに乗るだけです。逆に言えば、拒否することもないし、過剰に愛情を注ぐこともしません。

 

ある種諦めてしまったバージョンなので、実は精神的に不安定より心が枯渇してるらしい。ただ、衝動的に死にたいってなる時は酷いと思います。誰の言葉も耳に入ってこないけど、ただの気持ちです。私は死にません。気持ちなんていちいち本気にしてません。思うだけ思えば?って自分にも思ってます。好きにすれば?って感じです。

 

ブログに書いてることは、その場の思いつきの文章だし。その時そう思っても、次の日にはあ、そう、って感じで。別に書かなくてもいいし。なんで書いてんだろって思います。

 

まあ、書きたいから書いたんでしょうね。ただの吐き捨て文章。ストレス発散ってやつなのかな。ブログ名、クソブログにしてもいいレベルです(^^;)笑