日々是好日

小さく呟く毎日の暮らし

休職してから変わったこと

 

  休職してから11月で8カ月が経ちました。8カ月経って、考え方とか性格が変わったような気がします。すぐに人に慣れるかというとまだまだなのだけど、普通に喋れる範囲だからいいやって感じです。認知療法とかはしていないけど確実に変わってるなと感じてます。マインドフルネスとかポジティブすぎて怖いから信用ならないです。あと、アドラーの考え方もあまり好きじゃないです。

 

 最近、読んだ本がものすごく面白くて個人的に役にたったので紹介します。そもそも私が常に思っていたことを代弁してくれている様な錯覚に陥ったのもあるし、この考え方を利用して物事の見方がクリアになった気がします。

 

 

勉強の哲学 来たるべきバカのために

勉強の哲学 来たるべきバカのために

 

  

 

  正直「東大・京大でいま一番読まれている本!」っていうこの手のやつは嫌いなんですけど内容が面白かったので購入してしまいました。

 

 要約すると、今の自分自身のノリ(知識や思い込み)から違うノリへと移行することとはどういうことなのかについて述べています。まず、ノリを変えるためには今現在の自分を俯瞰しなければならない。けれど、客観的に自分はこうだと思うのも、他人にこうだと思われるのも明らかに主観が入っちゃうわけですよね。そこで時系列として産まれたときから今までの自分についての重大な出来事を紙に書きだして、自身のこだわり(この本でいう享楽)を探っていくみたいな内容でした。(一部分ですけどね)

 

 私が倒れたのだって、自分自身のこだわり(こうしたいという一種の享楽)によるものなんですよね。休職してから何にこだわっていたのかを分析したりしてました。自分が大学生のときは親がこうだからっていう批判もあったし、あの人たちのせいだ!みたいな気持ちはありましたけど、基本的にはそうは思ってないです。それはただの感情です。感情は出さないといけないですけどね。感情を抜きにしたときに存在するものはただのこだわりに過ぎないわけです。すべてのこだわりから私自身は作られています。

 

 あまり自分はこうだとは思いたくないし、鬱病発達障害のカテゴリーに縛られずにいようとは思ってます。(そこにノリをもっていきたくないから)そして、鬱を治すというのは「鬱にならないように」ではなくて、ノリを変えた自分になるということだと思ってます。だから鬱のワード自体を自分の生活に取り込むことをほとんどしていません。たまーのブログぐらいじゃないですかね。

 

 8カ月経って、自分でもものすっごい適当になりました(笑) 前までは、彼氏が来た時も最大限やってたし、仕事でもなんでも最大限だったんですよね。「自分はできない」って思ってたから。でもそれって意味わかんないなーって今なら思えるし、バンドでもぶっちゃけ初心者でできないことめっちゃ多いんですけど、こうしなきゃいけないとか全く思わないし、全然焦る気がないんです。昔の私ならありえない(笑) それは焦ること自体が「こだわり」によって起因するただのパフォーマンスだと気づいたからです。焦っても何一ついいことないしね。自分はやってるぜ!的なことばかりで、肝心なことを考えてこなかったんですよね。こうだから、こう!みたいな勝手な思い込みによる疾患なんです。だって、仕事辞めればよかった。無理なら無理でよかったんですよ。逃げる逃げないじゃなくて、ちゃんと自分を理解してたかって話。自分が自分を見誤っていて、さらにその状態を続けるというクソ無駄なことをした私はノリを間違えたゆえに倒れた。頑張ったから鬱になったのではないんです。

 

 そもそも人にはそれぞれペースというものがあるわけだし、理想を言ったところでかみ合わなければ無理なんです。たとえ親でも自分の害は排除すべきだし、自分に本当に必要かどうか、適応できるのかどうかで判断するんだなって思ってます。私は「できる自分」だと思ってほしかったゆえに、すごく情に流されやすかったです。まあ相手の気持ちを思うと辛いときもあるけど、スルーしていくことも大事だと学びました。

 

 鬱になる前は悲しみに浸るのが好きでした。自分への間違った愛情だと思います。今は、悲しい曲を聴くことすらあまりないです。悲しいときは悲しいでいいと思うけど、一時の感情として整理しないと勝手に勘違いを引き起こしかねなさそうですよね^^;悲しみの感情や可哀想な自分って依存性が高いので怖いです。そういった感情の切替が上手くいかないと鬱になるのかもしれません。何が正解なのかなんてないけれど、俯瞰することで見えてくることはたくさんあるんだなと感じています。

 

  今の現状としては、もう少しの休息が必要な気がします。理由はぶっちゃけ体力がかなり落ちすぎているというのと(たまたま名古屋城で力を測るやつがあって女性で20kg〜30kgの重量が平均ぽかったのに、私は二回試しても5kgすらいかなかった)精密検査がどうなるかわからんということ。ADHD薬の調整も必要で危ういということ、人から見てもまだ通常モードではないから。落ち込むことほぼないんですけど、寝られない含め身体の調節に時間がかかりそうです。そもそも看護師ってハードワークなんですよね。私が看護師になってできることって数少ない気もします。精神科かいずれは在宅、保育園、老人ホームとかで働きたいなと思ってますけど、、。無理ならやめて違う仕事するかもしれません。まあ、やりたいならやってみてもいいんじゃない?とは思います。自分の能力に見合った仕事を探していきたいです。

 

 体調自体が割とマシになってきて、こうやって少しでも俯瞰出来てきてるのかなっていうのはあります。痛感してるのは、やっぱり好きなことで忙しいのは楽しいです(笑) 同じ忙しいでも全然違います。最近は勉強も楽しいので、もっと勉強したいです。なんか楽しいっちゃ楽しいけど、、無理してる楽しさみたいなのが殆どだったので、純粋に楽しめてること自体が新鮮に感じます。